日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フル出場が一番いい」 インテル長友が揺れる胸中を吐露

 イタリア・セリエAのジェノア、英プレミアリーグのストークやノーリッジ、そしてトルコのガラタサライなどへの移籍話が、立て続けに報じられている日本代表DF長友佑都(28)。今季のインテルでは指揮官マンチーニから戦力外扱いを受けているともいわれ、実際のプレシーズンマッチでは、起用されるポジションさえも不透明だ。中国で開催されている「インターナショナル・チャンピオンズ杯」のインテルーミラン戦(25日)、インテルーレアル・マドリード戦(27日)を現地で取材したサッカージャーナリストの元川悦子氏が、長友の揺れ動く胸中を直撃した。

【同じセリエAの宿敵ミラン戦で長友は慣れ親しんだ左SBで先発した】

――ミラン戦は75分すぎまでプレーしました。個人、チームの仕上がり具合はどうでしょうか?

「チームづくりというよりも、まだコンディションづくりの段階ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事