「来季も残りたい…」 本田圭佑ミラン残留宣言の“損得勘定”

公開日:  更新日:

 セリエA最終節のトリノ戦(日本時間25日)にフル出場したミランMF本田圭佑(28)が、試合後に「自分としては来季もここに残りたい」とコメント。

 試合後に口を開いたのはおよそ2カ月ぶりだが、「何ともけなげな残留アピール」と苦笑するのは日本代表を長らく取材しているサッカージャーナリストである。

 ミランは今季12勝13分け12敗の10位でシーズンを終えた。勝ち点49はセリエAが20チーム制になった05-06年シーズン以降、最少の数字。勝利数もクラブワースト記録を更新した。エースナンバー「背番号10」を背負う本田は、第7節までに6ゴールと上々の滑り出しだったが、中盤以降は3トップの「右」として攻撃面でインパクトを残せず、オフの放出リストに名を連ねている。

「現有戦力の半数が放出されるといわれ、しかもワンマンのベルルスコーニ名誉会長が『ミランはオール・イタリア人体制が望ましい。外国人選手が多過ぎる』と発言。本田は窮地に追い込まれてしまった。しかし、本田は是が非でもミランに残りたい。それでトリノ戦後の異例の残留アピールとなった」(前出のジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る