日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インテル長友はトルコ移籍濃厚 親友スナイデルが“仲介役”に

 11年からセリエA・インテルの主力としてプレーしている日本代表DF長友佑都(28)の“都落ち”が近づいている。

 ケガ続きの昨季は14試合しかプレーできず、イタリア人指揮官マンチーニの信頼を失った。来季の戦力外として中堅クラブへの移籍が取り沙汰されていたが、現在はトルコの強豪ガラタサライ移籍が有力視されている。

「マンチーニ監督が、ガラタサライのMFフェリペ・メロ獲得を本気で狙っており、代わりに長友を差し出そうとしているのです。トルコ国内では《8月2日にインテルとガラタサライが親善試合を行い、その翌3日に長友とフェリペ・メロの交換トレードが正式発表される》と報じられています」(マスコミ関係者)

 ガラタサライの某大物選手が、長友トルコ入りのキーマンと言われている。かつてインテルに所属していたオランダ代表MFスナイデルである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事