ひさびさ“生え抜き大砲”候補の江越を阪神は育てられるか

公開日: 更新日:

 阪神巨人と並ぶ人気球団だ。育成より勝利に重点を置きたくなる気持ちは分かる。しかし、FAや外国人選手の補強に頼り続けた結果、活性化が進まないどころか、昨年まで9年連続リーグ優勝を逃している。今年は29日現在、首位にいるものの、基本的なチーム構成は去年までと変わらない。期待できそうな若手が出てきても、辛抱して使い続けにくい土壌がこのチームにはある。

 そんな中、出てきたのが昨年のドラフト3位ルーキー江越大賀(22=駒大)だ。

 昨夜の中日戦の七回に4号同点ソロ、九回には決勝打となる適時二塁打を放った。ここ6試合で3本塁打と、久々に出てきた生え抜きの大砲候補といえる。

 現時点での打率は1割9分7厘。計66打数で25三振だから、3打席に1個以上は三振している計算になる。要するに当たれば大きくても、なかなか当たらないクチ。ここまでわずか3四球と、ボール球だろうとダボハゼのように振りにいくタイプでもある。本塁打を打てば打つほど他球団のマークは厳しくなっていくから、三振の数はこの先さらに増えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る