【全英リコー女子OP】藍とさくらは“恩恵”生かせず53位

公開日:  更新日:

【全英リコー女子オープン】(ターンベリー・エイルサコース=パー72)

 日本人9選手が出場した今年の全英女子オープン。初日は1組目の大山志保(午前6時30分)からスタートして、宮里美香(2組・6時41分)、宮里藍(3組・6時52分)、横峯さくら(5組・7時14分)と早い時間に日本人選手が続いた。

 先の男子メジャー、全英オープンでも分かるように、リンクスでは早朝プレーのほうが有利だ。風が比較的穏やかで、初日はスパイクマークも少なくグリーンが荒れていない。くわえて朝露など、グリーンもボールが止まりやすくなる。日本人選手に非常に有利なペアリングが組まれたといえる。

 どうしてこうしたペアリングになったのか? 理由のひとつは冠スポンサーが、日本企業のリコーだからだ。

 男子大会では、アメリカのテレビ局が高額な放映権料を支払っているため、人気選手を放送時間に合わせてペアリングを動かせる“権限”をもっている。しかし女子大会は、そもそも地上波で中継されることが少なく、今回もアメリカでは地上波は日曜日夕方にABCが1時間、録画放映するだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る