早実・清宮に難敵 広島新庄の“変則左腕”堀をどう攻略する?

公開日:  更新日:

「清宮にとって広島新庄との対戦が一つの試金石になると思います」

 こう語るのは、甲子園取材中のスポーツライター・安倍昌彦氏だ。

 早実は13日に広島新庄と対戦する。先発が予想されるのは、変則左腕の堀瑞輝(2年=175センチ、76キロ)。初戦の霞ケ浦(茨城)戦では、最速140キロの直球を軸に、2失点完投。八回に左足がけいれんしながら投げきったタフさもある。安倍氏が言う。

「堀選手は、サイドからインステップしながら平均135キロ前後の速球を内角に強気に投げ込み、外に緩い変化球を使う。インステップする分、左打者のグリップ付近にシュート気味に食い込んでくるボールもある。体のパワーもあるし、2年生でさらに伸びる可能性を秘めていると見ています」

 そして安倍氏は、「清宮選手にとって堀選手は、高校生レベルで初めて対戦するタイプの投手になるはず」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る