早実・清宮に難敵 広島新庄の“変則左腕”堀をどう攻略する?

公開日:  更新日:

「清宮にとって広島新庄との対戦が一つの試金石になると思います」

 こう語るのは、甲子園取材中のスポーツライター・安倍昌彦氏だ。

 早実は13日に広島新庄と対戦する。先発が予想されるのは、変則左腕の堀瑞輝(2年=175センチ、76キロ)。初戦の霞ケ浦(茨城)戦では、最速140キロの直球を軸に、2失点完投。八回に左足がけいれんしながら投げきったタフさもある。安倍氏が言う。

「堀選手は、サイドからインステップしながら平均135キロ前後の速球を内角に強気に投げ込み、外に緩い変化球を使う。インステップする分、左打者のグリップ付近にシュート気味に食い込んでくるボールもある。体のパワーもあるし、2年生でさらに伸びる可能性を秘めていると見ています」

 そして安倍氏は、「清宮選手にとって堀選手は、高校生レベルで初めて対戦するタイプの投手になるはず」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る