最短KOで今季5敗目 「10勝ノルマ」広島・黒田の“引退確率”

公開日:  更新日:

 最悪の記念日になってしまった。

 広島の黒田博樹(40)が日米通算500試合目の登板を果たした11日のヤクルト戦で5回5失点KO。初回に先制点を許すと、二回には先頭の大引に右越えソロを浴びた。今季2本塁打の大引に140キロのカットボールを逆方向へ運ばれたのは威力もキレも欠いた証拠。五回には山田に25号3ランを左翼スタンドに運ばれ、この回限りでマウンドを降りた。5失点は5月1日のヤクルト戦以来となる自己ワーストタイ。五回での降板も5月15日のDeNA戦に続く最短記録である。

「(山田には)完璧に打たれた。3点目を防ぎにいった中での5点。結果的には痛かった」

 試合後、黒田はこう言って首をひねったが、本人以上に落胆したのがチーム関係者である。

「1失点で負けようが、10失点でやられようが1敗は1敗。でも、黒田の場合はそうも言ってられない。広島復帰が決まった直後の今年1月、自主トレ公開日に黒田は報道陣にハッキリと『先発ローテで回る以上は2ケタは勝たないとね。それができなければ区切りをつけなければいけない』と言った。つまり、10勝できなければ引退する。責任感の強い男だけに、フロントは黒田がそう決断するんじゃないかとヒヤヒヤしている。最低限の使命と言っていた、1年間フルでローテを回るというノルマは、5月と7月に右足首と右肩の炎症で登録抹消され、クリアできなかっただけに……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る