山形・鶴岡東の佐藤監督に聞く 甲子園で東北勢躍進の理由

公開日: 更新日:

 優勝旗が白河の関を越える日も遠くはなさそうだ。かつて甲子園で東北勢といえば弱小地区の代名詞。いまだに春夏ともに優勝校は出ていないものの、今大会は宮城、秋田、山形、岩手の4県が初戦を突破。仙台育英や八戸学院光星など、常連校以外の学校も甲子園で勝ち上がるようになってきた。15日、準々決勝進出をかけて花咲徳栄と対戦する鶴岡東の佐藤俊監督(43)に最近の東北事情を聞いた。

――東北地区のレベルアップに関して何か心当たりはありますか?

「東北の常連校さんは甲子園でも負けませんからね。ウチも相撲の出稽古のように、練習試合をさせていただいて勉強しています。……そうですね、勉強がしやすくなったということはあるかもしれません」

――勉強しやすい?

「練習試合というのは相手の強さを一番肌で感じ取れると思います。その練習試合の遠征に行きやすくなった、ということですね。昔なら他県の試合に行くなら泊まりがけでした。現在は交通網が発達しています。山形自動車道(81年開通)、東北中央自動車道(同97年)と高速道路が増えていますからね。他の東北地区の監督にも話は聞いたのですか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る