• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山形・鶴岡東の佐藤監督に聞く 甲子園で東北勢躍進の理由

 優勝旗が白河の関を越える日も遠くはなさそうだ。かつて甲子園で東北勢といえば弱小地区の代名詞。いまだに春夏ともに優勝校は出ていないものの、今大会は宮城、秋田、山形、岩手の4県が初戦を突破。仙台育英や八戸学院光星など、常連校以外の学校も甲子園で勝ち上がるようになってきた。15日、準々決勝進出をかけて花咲徳栄と対戦する鶴岡東の佐藤俊監督(43)に最近の東北事情を聞いた。

――東北地区のレベルアップに関して何か心当たりはありますか?

「東北の常連校さんは甲子園でも負けませんからね。ウチも相撲の出稽古のように、練習試合をさせていただいて勉強しています。……そうですね、勉強がしやすくなったということはあるかもしれません」

――勉強しやすい?

「練習試合というのは相手の強さを一番肌で感じ取れると思います。その練習試合の遠征に行きやすくなった、ということですね。昔なら他県の試合に行くなら泊まりがけでした。現在は交通網が発達しています。山形自動車道(81年開通)、東北中央自動車道(同97年)と高速道路が増えていますからね。他の東北地区の監督にも話は聞いたのですか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る