山形・鶴岡東の佐藤監督に聞く 甲子園で東北勢躍進の理由

公開日:  更新日:

 優勝旗が白河の関を越える日も遠くはなさそうだ。かつて甲子園で東北勢といえば弱小地区の代名詞。いまだに春夏ともに優勝校は出ていないものの、今大会は宮城、秋田、山形、岩手の4県が初戦を突破。仙台育英や八戸学院光星など、常連校以外の学校も甲子園で勝ち上がるようになってきた。15日、準々決勝進出をかけて花咲徳栄と対戦する鶴岡東の佐藤俊監督(43)に最近の東北事情を聞いた。

――東北地区のレベルアップに関して何か心当たりはありますか?

「東北の常連校さんは甲子園でも負けませんからね。ウチも相撲の出稽古のように、練習試合をさせていただいて勉強しています。……そうですね、勉強がしやすくなったということはあるかもしれません」

――勉強しやすい?

「練習試合というのは相手の強さを一番肌で感じ取れると思います。その練習試合の遠征に行きやすくなった、ということですね。昔なら他県の試合に行くなら泊まりがけでした。現在は交通網が発達しています。山形自動車道(81年開通)、東北中央自動車道(同97年)と高速道路が増えていますからね。他の東北地区の監督にも話は聞いたのですか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る