熱血指導に部員からの反発は? 大阪偕星・山本監督に聞いた

公開日:  更新日:

 現代版「スクールウォーズ」といわれているのが、13日に2回戦を戦う大阪偕星(大阪)。他校には進学できなかった問題児を集め、熱血先生が体当たりで指導する姿はドラマそのもの。山本晳監督(47)が「練習量は大阪で一番」と胸を張るように、午前1時まで練習することもあるという。これまで多くの不良を更生させてきたといわれる山本監督に話を聞いた。

――監督は「不良学校」と呼ばれていた倉敷高校の指揮を執っていましたが、当時と比べて11年の就任当初はどうでしたか。

「そりゃもう、大変でしたよ。さすがに倉敷の最初のように、制服の前を開けて金色のネックレスをジャラジャラさせているような子はいませんでしたけど……。ウチの前任者に聞いたら、『前はもっと凄かった』なんて言われました。とにかく荒れていましたね」

――部員の反発はありませんでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る