熱血指導に部員からの反発は? 大阪偕星・山本監督に聞いた

公開日:  更新日:

 現代版「スクールウォーズ」といわれているのが、13日に2回戦を戦う大阪偕星(大阪)。他校には進学できなかった問題児を集め、熱血先生が体当たりで指導する姿はドラマそのもの。山本晳監督(47)が「練習量は大阪で一番」と胸を張るように、午前1時まで練習することもあるという。これまで多くの不良を更生させてきたといわれる山本監督に話を聞いた。

――監督は「不良学校」と呼ばれていた倉敷高校の指揮を執っていましたが、当時と比べて11年の就任当初はどうでしたか。

「そりゃもう、大変でしたよ。さすがに倉敷の最初のように、制服の前を開けて金色のネックレスをジャラジャラさせているような子はいませんでしたけど……。ウチの前任者に聞いたら、『前はもっと凄かった』なんて言われました。とにかく荒れていましたね」

――部員の反発はありませんでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る