昼の二軍戦でも21失点…惨敗広島は「5人目先発」深刻人材難

公開日:  更新日:

 上も下もズタボロだった。

 広島が2-8で大敗した5日の阪神戦。先発は今季初出場初先発となる大卒5年目左腕・中村恭(26)。二軍で7勝を挙げる期待の若手だったが、二回にマートンに本塁打を浴びるなど四回途中5失点でKO。リリーフも打ち込まれた。

 この日の昼に行われた二軍戦はもっとヒドかった。ソフトバンク相手に先発の今井(28)がボコボコに打たれて、5回でなんと16失点の大炎上。カニザレスに3打席連続本塁打を浴びると、2本の満塁弾も献上。1試合16自責点、6被本塁打は、55年のウエスタン・リーグ発足以来のワースト記録というから、不名誉極まりない。

 結局、二軍が5-21で敗れた広島は昼夜で29失点。中村にしても今井にしても、リーグ4位と波に乗れないチームにとって貴重な先発候補だった。前田、黒田、ジョンソン、福井に次ぐ先発投手が不在の中、上位に食らいつくためには、若手投手の台頭が必要不可欠。しかし、こんな投球をしているようでは一軍戦力としては厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る