• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

満塁打含む4安打4打点 広島・新井“勝負強さ”の秘密

投稿日:  更新日:

 よほど広島の水が合うのだろう。

 13日、広島の新井(38)がヤクルト戦で4安打4打点の大活躍。三回には満塁本塁打を放ち、豪快にバットを放り投げた。3位巨人へ3ゲーム差に迫り、お立ち台では「今日は絶対に負けられない試合と思って挑んだ。勝ってよかった」と満足そうだった。

 昨季限りで阪神を退団し、8年ぶりに古巣復帰した。年俸は2億円から2000万円。10分の1となる大幅減を受け入れての再出発で、期待以上の働きを見せているのだから、球団としても安い買い物である。

 今季は、チ―ム最多の69試合で4番に座り、打率.293、5本塁打、48打点。何より得点圏では打率.337(リーグ2位)と高い数字を挙げており、チームに欠かせない存在になっている。

 08年からの7年間在籍した阪神時代、10年には打点王を獲得したものの、併殺打も多く、「チャンスに弱い。同点、逆転の好機で打てず、勝っている時にだけ打つ」というイメージを抱く阪神ファンも少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る