満塁打含む4安打4打点 広島・新井“勝負強さ”の秘密

公開日:  更新日:

 よほど広島の水が合うのだろう。

 13日、広島の新井(38)がヤクルト戦で4安打4打点の大活躍。三回には満塁本塁打を放ち、豪快にバットを放り投げた。3位巨人へ3ゲーム差に迫り、お立ち台では「今日は絶対に負けられない試合と思って挑んだ。勝ってよかった」と満足そうだった。

 昨季限りで阪神を退団し、8年ぶりに古巣復帰した。年俸は2億円から2000万円。10分の1となる大幅減を受け入れての再出発で、期待以上の働きを見せているのだから、球団としても安い買い物である。

 今季は、チ―ム最多の69試合で4番に座り、打率.293、5本塁打、48打点。何より得点圏では打率.337(リーグ2位)と高い数字を挙げており、チームに欠かせない存在になっている。

 08年からの7年間在籍した阪神時代、10年には打点王を獲得したものの、併殺打も多く、「チャンスに弱い。同点、逆転の好機で打てず、勝っている時にだけ打つ」というイメージを抱く阪神ファンも少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る