様変わりした甲子園勢力図 「東高西低」はいつから、なぜ?

公開日: 更新日:

 ベスト8が出そろった時点で近畿勢が消滅。興南(沖縄)が関東一(東東京)に敗れたため、ベスト4に残ったのは、関東3校と東北1校となった。

 数年前から甲子園は、「東高西低」となりつつある。あるスカウトは「06年の早実(西東京)―駒大苫小牧(南北海道)の決勝戦が大きい」と言う。

「かつての甲子園は西日本勢が優勢だったが、03年は常総学院(茨城)の優勝、04、05年は駒大苫小牧の2連覇。東日本勢が勝っていたところにあの熱戦ですからね。斎藤佑(現日本ハム)と田中(現ヤンキース)が投げ合い、決勝再試合まで行った戦いは日本中が熱狂した。9年前なので、現在の高校3年生は8、9歳ごろ。大体野球を始める年齢とあれば、深く脳裏に刻まれたはずです。関西はもちろん、西日本の有力選手が東の名門を目指すきっかけになったのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき