「4番」復帰後は単打のみ…巨人・阿部から“怖さ”が消えた

公開日:  更新日:

「12年に2冠(首位打者、打点王)を獲得した阿部におびえている投手が多かった。でも最近はスイングに豪快さがない。いまだに9本塁打。変化球への対応が淡泊でチャンスに弱いイメージになってしまった。特に4番に座ってからの安打は反対方向ばかり。もう怖さは全くありませんね」

 12日のDeNA戦で28試合ぶりの4番に復帰した阿部慎之助(36)について、かつてよく打たれたセ球団のコーチがこう漏らしていた。

 16日の中日戦もそうだった。1点を追う九回2死一、二塁であえなく投ゴロ。前日の試合でも0-0の六回1死満塁で村田の代打として登場しながら、あっけなく二ゴロ併殺打に倒れた。「申し訳ない気持ちしかない」と懺悔していたが、2試合連続で最後のバッターとなり、最下位の中日に連敗となった。

 巨人はその直前に珍プレーを犯していた。九回無死二、三塁から橋本の一ゴロで三塁走者の鈴木が挟まれてアウト。本来ならその間に三塁ベースに到達していなくてはいけない二塁走者の立岡が、三塁付近まできていたにもかかわらず、なぜか二塁へ帰塁しようとして痛恨の併殺となっていた。怒り心頭の原監督は「プロらしからぬプレー」とバッサリ。勝呂三塁ベースコーチが「オレの判断ミス」と認める後味の悪いボーンヘッドを、4番がカバーできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る