「4番」復帰後は単打のみ…巨人・阿部から“怖さ”が消えた

公開日:  更新日:

「12年に2冠(首位打者、打点王)を獲得した阿部におびえている投手が多かった。でも最近はスイングに豪快さがない。いまだに9本塁打。変化球への対応が淡泊でチャンスに弱いイメージになってしまった。特に4番に座ってからの安打は反対方向ばかり。もう怖さは全くありませんね」

 12日のDeNA戦で28試合ぶりの4番に復帰した阿部慎之助(36)について、かつてよく打たれたセ球団のコーチがこう漏らしていた。

 16日の中日戦もそうだった。1点を追う九回2死一、二塁であえなく投ゴロ。前日の試合でも0-0の六回1死満塁で村田の代打として登場しながら、あっけなく二ゴロ併殺打に倒れた。「申し訳ない気持ちしかない」と懺悔していたが、2試合連続で最後のバッターとなり、最下位の中日に連敗となった。

 巨人はその直前に珍プレーを犯していた。九回無死二、三塁から橋本の一ゴロで三塁走者の鈴木が挟まれてアウト。本来ならその間に三塁ベースに到達していなくてはいけない二塁走者の立岡が、三塁付近まできていたにもかかわらず、なぜか二塁へ帰塁しようとして痛恨の併殺となっていた。怒り心頭の原監督は「プロらしからぬプレー」とバッサリ。勝呂三塁ベースコーチが「オレの判断ミス」と認める後味の悪いボーンヘッドを、4番がカバーできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る