「4番」復帰後は単打のみ…巨人・阿部から“怖さ”が消えた

公開日: 更新日:

「12年に2冠(首位打者、打点王)を獲得した阿部におびえている投手が多かった。でも最近はスイングに豪快さがない。いまだに9本塁打。変化球への対応が淡泊でチャンスに弱いイメージになってしまった。特に4番に座ってからの安打は反対方向ばかり。もう怖さは全くありませんね」

 12日のDeNA戦で28試合ぶりの4番に復帰した阿部慎之助(36)について、かつてよく打たれたセ球団のコーチがこう漏らしていた。

 16日の中日戦もそうだった。1点を追う九回2死一、二塁であえなく投ゴロ。前日の試合でも0-0の六回1死満塁で村田の代打として登場しながら、あっけなく二ゴロ併殺打に倒れた。「申し訳ない気持ちしかない」と懺悔していたが、2試合連続で最後のバッターとなり、最下位の中日に連敗となった。

 巨人はその直前に珍プレーを犯していた。九回無死二、三塁から橋本の一ゴロで三塁走者の鈴木が挟まれてアウト。本来ならその間に三塁ベースに到達していなくてはいけない二塁走者の立岡が、三塁付近まできていたにもかかわらず、なぜか二塁へ帰塁しようとして痛恨の併殺となっていた。怒り心頭の原監督は「プロらしからぬプレー」とバッサリ。勝呂三塁ベースコーチが「オレの判断ミス」と認める後味の悪いボーンヘッドを、4番がカバーできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る