「4番」復帰後は単打のみ…巨人・阿部から“怖さ”が消えた

公開日: 更新日:

「12年に2冠(首位打者、打点王)を獲得した阿部におびえている投手が多かった。でも最近はスイングに豪快さがない。いまだに9本塁打。変化球への対応が淡泊でチャンスに弱いイメージになってしまった。特に4番に座ってからの安打は反対方向ばかり。もう怖さは全くありませんね」

 12日のDeNA戦で28試合ぶりの4番に復帰した阿部慎之助(36)について、かつてよく打たれたセ球団のコーチがこう漏らしていた。

 16日の中日戦もそうだった。1点を追う九回2死一、二塁であえなく投ゴロ。前日の試合でも0-0の六回1死満塁で村田の代打として登場しながら、あっけなく二ゴロ併殺打に倒れた。「申し訳ない気持ちしかない」と懺悔していたが、2試合連続で最後のバッターとなり、最下位の中日に連敗となった。

 巨人はその直前に珍プレーを犯していた。九回無死二、三塁から橋本の一ゴロで三塁走者の鈴木が挟まれてアウト。本来ならその間に三塁ベースに到達していなくてはいけない二塁走者の立岡が、三塁付近まできていたにもかかわらず、なぜか二塁へ帰塁しようとして痛恨の併殺となっていた。怒り心頭の原監督は「プロらしからぬプレー」とバッサリ。勝呂三塁ベースコーチが「オレの判断ミス」と認める後味の悪いボーンヘッドを、4番がカバーできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る