山口、マシソンに“勤続疲労”見え…巨人が中継ぎ集めに血眼

公開日: 更新日:

 球団やチーム周辺ではさまざまな名前が挙がる。

「FA補強? 筆頭は捕手でしょう。楽天の嶋、西武の炭谷、日本ハムの大野の名前もチラホラ聞くようになりました」

「衰えが顕著になった阿部と村田を一塁で併用して、空いた三塁にソフトバンクの松田を引き入れる。ま、水面下で調査を続けているって話だが、芳しくないようだけど」

「先月、死球で骨折した左手首の回復次第だが、三塁は2年契約が切れるロッテの今江も候補になっておかしくはない」

 そんな“ビッグネーム”に交じって、ちょこちょこと漏れ伝わるのが中継ぎの補強である。

「原監督が最も頭を痛めているのが、リリーフ陣の整備ですよ。昨年までのリーグ3連覇を支えた山口、マシソンに明らかに勤続疲労が見え始めている。原監督は計11年で7回のリーグ優勝を果たしていますが、いずれも投手陣の貢献度が高い。中でも、過去に河原や上原を抑えに配置転換するなど、リリーフ陣の強化に腐心した結果です。それを考えれば、来年以降のチームを思ったときに不安でしょうがないはずです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る