• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1G1Aのミラン本田 “鬼の居ぬ間”に定位置トップ下奪取へ

 セリエA・ミラン所属の日本代表FW本田圭佑(29)が、久しぶりに地元紙の1面を飾った。

 セリエB・ペルージャとのイタリア杯3回戦(現地17日)にトップ下として先発。チームにとって今季初となる公式戦で1ゴール・1アシストの活躍を見せ、プレシーズンマッチでは「インパクト不足」「司令塔失格」「戦力外」と酷評していた地元紙も手のひら返し。チーム最高点「7.5」を付け、「新生ミラン ホンダで行く」の見出しを掲げて持ち上げた。

「本田にとって格下の2部相手とはいえ、リーグ開幕直前の公式戦で結果を残したことで、チーム内の序列は大きく上向いた」と言うのは、サッカージャーナリストだ。

「新監督ミハイロビッチはトップ下を置く戦術を好むため、トップ下が希望なのに3トップの右で起用され続け、スピード不足を露呈していた本田にはプラスです。レギュラー争いのライバルであるイタリア代表の技巧派MFボナベントゥーラも、昨季ジェノアの司令塔としてブレークし、ミランが引き抜いたイタリア代表MFベルトラッチもコンディション調整不足に悩まされ、現時点での今季リーグ初戦(フィオレンティーナ戦。日本時間24日午前3時45分開始)の先発司令塔は、本田で間違いないだろうといわれています」

 もっとも、イタリア代表コンビは体調さえ整えば技術、得点力、戦術眼は本田よりも上。リーグ序盤、ゴールとアシストを決めてチームを勝利に導かないと、瞬く間にベンチ要員の危機に陥るのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る