1G1Aのミラン本田 “鬼の居ぬ間”に定位置トップ下奪取へ

公開日:  更新日:

 セリエA・ミラン所属の日本代表FW本田圭佑(29)が、久しぶりに地元紙の1面を飾った。

 セリエB・ペルージャとのイタリア杯3回戦(現地17日)にトップ下として先発。チームにとって今季初となる公式戦で1ゴール・1アシストの活躍を見せ、プレシーズンマッチでは「インパクト不足」「司令塔失格」「戦力外」と酷評していた地元紙も手のひら返し。チーム最高点「7.5」を付け、「新生ミラン ホンダで行く」の見出しを掲げて持ち上げた。

「本田にとって格下の2部相手とはいえ、リーグ開幕直前の公式戦で結果を残したことで、チーム内の序列は大きく上向いた」と言うのは、サッカージャーナリストだ。

「新監督ミハイロビッチはトップ下を置く戦術を好むため、トップ下が希望なのに3トップの右で起用され続け、スピード不足を露呈していた本田にはプラスです。レギュラー争いのライバルであるイタリア代表の技巧派MFボナベントゥーラも、昨季ジェノアの司令塔としてブレークし、ミランが引き抜いたイタリア代表MFベルトラッチもコンディション調整不足に悩まされ、現時点での今季リーグ初戦(フィオレンティーナ戦。日本時間24日午前3時45分開始)の先発司令塔は、本田で間違いないだろうといわれています」

 もっとも、イタリア代表コンビは体調さえ整えば技術、得点力、戦術眼は本田よりも上。リーグ序盤、ゴールとアシストを決めてチームを勝利に導かないと、瞬く間にベンチ要員の危機に陥るのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る