1G1Aのミラン本田 “鬼の居ぬ間”に定位置トップ下奪取へ

公開日: 更新日:

 セリエA・ミラン所属の日本代表FW本田圭佑(29)が、久しぶりに地元紙の1面を飾った。

 セリエB・ペルージャとのイタリア杯3回戦(現地17日)にトップ下として先発。チームにとって今季初となる公式戦で1ゴール・1アシストの活躍を見せ、プレシーズンマッチでは「インパクト不足」「司令塔失格」「戦力外」と酷評していた地元紙も手のひら返し。チーム最高点「7.5」を付け、「新生ミラン ホンダで行く」の見出しを掲げて持ち上げた。

「本田にとって格下の2部相手とはいえ、リーグ開幕直前の公式戦で結果を残したことで、チーム内の序列は大きく上向いた」と言うのは、サッカージャーナリストだ。

「新監督ミハイロビッチはトップ下を置く戦術を好むため、トップ下が希望なのに3トップの右で起用され続け、スピード不足を露呈していた本田にはプラスです。レギュラー争いのライバルであるイタリア代表の技巧派MFボナベントゥーラも、昨季ジェノアの司令塔としてブレークし、ミランが引き抜いたイタリア代表MFベルトラッチもコンディション調整不足に悩まされ、現時点での今季リーグ初戦(フィオレンティーナ戦。日本時間24日午前3時45分開始)の先発司令塔は、本田で間違いないだろうといわれています」

 もっとも、イタリア代表コンビは体調さえ整えば技術、得点力、戦術眼は本田よりも上。リーグ序盤、ゴールとアシストを決めてチームを勝利に導かないと、瞬く間にベンチ要員の危機に陥るのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  6. 6

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る