1G1Aのミラン本田 “鬼の居ぬ間”に定位置トップ下奪取へ

公開日:  更新日:

 セリエA・ミラン所属の日本代表FW本田圭佑(29)が、久しぶりに地元紙の1面を飾った。

 セリエB・ペルージャとのイタリア杯3回戦(現地17日)にトップ下として先発。チームにとって今季初となる公式戦で1ゴール・1アシストの活躍を見せ、プレシーズンマッチでは「インパクト不足」「司令塔失格」「戦力外」と酷評していた地元紙も手のひら返し。チーム最高点「7.5」を付け、「新生ミラン ホンダで行く」の見出しを掲げて持ち上げた。

「本田にとって格下の2部相手とはいえ、リーグ開幕直前の公式戦で結果を残したことで、チーム内の序列は大きく上向いた」と言うのは、サッカージャーナリストだ。

「新監督ミハイロビッチはトップ下を置く戦術を好むため、トップ下が希望なのに3トップの右で起用され続け、スピード不足を露呈していた本田にはプラスです。レギュラー争いのライバルであるイタリア代表の技巧派MFボナベントゥーラも、昨季ジェノアの司令塔としてブレークし、ミランが引き抜いたイタリア代表MFベルトラッチもコンディション調整不足に悩まされ、現時点での今季リーグ初戦(フィオレンティーナ戦。日本時間24日午前3時45分開始)の先発司令塔は、本田で間違いないだろうといわれています」

 もっとも、イタリア代表コンビは体調さえ整えば技術、得点力、戦術眼は本田よりも上。リーグ序盤、ゴールとアシストを決めてチームを勝利に導かないと、瞬く間にベンチ要員の危機に陥るのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る