日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミラン3年目の本田圭佑に聞く「トップ下で生き残れるか?」

 セリエAのミランで昨季、29試合6得点の数字を残した日本代表MF本田圭佑(29)。「名門クラブの背番号10にしては物足りない」という評価は根強く、放出の噂も飛び交っている。本田はミハイロビッチ新体制になり、重要な戦力になり得るのか? インターナショナル・チャンピオンズ杯(中国・上海)のレアル・マドリード戦(7月30日)に出場した本田をサッカージャーナリスト・元川悦子氏が現地で直撃した。

――R・マドリード戦は後半からトップ下でプレー。ルイス・アドリアーノ、バッカの新加入FW2人とのコンビネーションが試されました。

「まだまだですね。もっと高いレベルでの攻撃を求めていかないとダメだし、相手が“怖い”と思うような攻撃を仕掛けていきたいと思います」

――トップ下としての自分の役割は何ですか?

「自分としては、完全に《はまり役》だと思っています。トップ下での起用が続けば、間違いなく《結果を出せる》という感じを持っています。ミランというクラブでプレーする以上、攻撃、守備の両面で世界のトップレベルが求められる。パスや連係など2、3人の選手が絡めば、大抵の(相手守備の)組織を崩せるでしょう。より高いレベルを常に追い求めていきたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事