息子を早く米へ 有望球児の親が「メジャー志向」の意外な理由

公開日:  更新日:

 早実1年の清宮が注目された今年の甲子園大会。その清宮は調布シニア(東京)の出身で、全国にあるシニアリーグのチームは、野球強豪校にとって有望選手の貴重な供給源になっている。

 当然、そこでは争奪戦が繰り広げられており、高校の監督や関係者は「必ず〇×大学に入れますから」という条件を出して親を口説くケースもあるという。

 あるシニアの関係者が言う。

「少子化の影響ですかね。最近の親は子供の将来をとても心配しているんです。だから子供の代わりに動いたり、いろいろ調べている。何しろ、結婚相手がいない息子の代わりに結婚相手を探すパーティーに出て名刺を配る親もいるぐらいですから。球児の親もそうですよ。清宮君もメジャーを目指しているそうだが、最近は『息子を早くメジャーへ行かせたい』という親が増えているんです。その理由を聞くと、『年金ですよ』っていうのです。野球選手になって、引退した後にもらえる年金額は、プロ野球とメジャーとでは雲泥の差だと。そこまで心配しているのかと、正直呆れましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る