• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

息子を早く米へ 有望球児の親が「メジャー志向」の意外な理由

 早実1年の清宮が注目された今年の甲子園大会。その清宮は調布シニア(東京)の出身で、全国にあるシニアリーグのチームは、野球強豪校にとって有望選手の貴重な供給源になっている。

 当然、そこでは争奪戦が繰り広げられており、高校の監督や関係者は「必ず〇×大学に入れますから」という条件を出して親を口説くケースもあるという。

 あるシニアの関係者が言う。

「少子化の影響ですかね。最近の親は子供の将来をとても心配しているんです。だから子供の代わりに動いたり、いろいろ調べている。何しろ、結婚相手がいない息子の代わりに結婚相手を探すパーティーに出て名刺を配る親もいるぐらいですから。球児の親もそうですよ。清宮君もメジャーを目指しているそうだが、最近は『息子を早くメジャーへ行かせたい』という親が増えているんです。その理由を聞くと、『年金ですよ』っていうのです。野球選手になって、引退した後にもらえる年金額は、プロ野球とメジャーとでは雲泥の差だと。そこまで心配しているのかと、正直呆れましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る