• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

死闘制するも 原監督の“広島アレルギー”に巨人選手戦々恐々

 首位阪神にはすでに勝ち越しを決めたというのに、4位に沈む広島になぜか分が悪いのが巨人である。原監督は開幕前から、黒田人気に後押しされるであろう広島を最も警戒していた。

 勝てないからバタバタする。後半戦になっても貧打が続いた広島戦前日の7月23日には、「打線が活発になるに越したことはない」という原監督の大号令で休日返上。敵地マツダスタジアムで練習を行った。

 9日までの前カードは、本拠地・東京ドームで10年ぶりの3連敗を食らった。計30イニングでたったの2点しか奪えなかった貧打に指揮官は激怒。またも翌10日の休養日を剥奪し、“懲罰”打撃練習を指示したのだ。さすがにチーム内からブーイングがちらほら。某選手が声を潜めてこう漏らしていた。

「今年は確かに広島に分が悪いけど、休日剥奪とか、一度やめた練習が復活したり、広島戦の前後には何かが起きる。気が気じゃないですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る