頼みの4番・ゴメスに一本が…阪神は巨人の「自力V」消せず

公開日:  更新日:

 スタンドもマウンド上も歓喜に沸く中、ひとり肩を落としてベンチに引き揚げているのは阪神の主砲ゴメス。26日、マツダスタジアムで行われた広島―阪神戦が終了した直後のひとコマだ。

 阪神は4点を追う九回、反撃に出た。1死一塁から梅野に2ランが飛び出して2点差。なおも3連打で満塁となったところで、4番ゴメスにこの日5回目の打席が回る。一打逆転の場面も、しかし、大瀬良の外角カットボールの上っ面をたたいて遊ゴロ併殺。万事休した。

 首位の阪神がこの試合に勝てば2位の巨人が負けか引き分けで自力優勝を消せた。巨人との直接対決に7勝13敗と大きく負け越している阪神とすれば、何が何でもモノにしたい試合だったが、最も頼りになるはずのゴメスの凡打で絶好の得点機をフイにした。7安打の広島を大きく上回る12安打を放ちながら2得点。「最後まで一本が出なかった」とは試合後の和田監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る