頼みの4番・ゴメスに一本が…阪神は巨人の「自力V」消せず

公開日: 更新日:

 スタンドもマウンド上も歓喜に沸く中、ひとり肩を落としてベンチに引き揚げているのは阪神の主砲ゴメス。26日、マツダスタジアムで行われた広島―阪神戦が終了した直後のひとコマだ。

 阪神は4点を追う九回、反撃に出た。1死一塁から梅野に2ランが飛び出して2点差。なおも3連打で満塁となったところで、4番ゴメスにこの日5回目の打席が回る。一打逆転の場面も、しかし、大瀬良の外角カットボールの上っ面をたたいて遊ゴロ併殺。万事休した。

 首位の阪神がこの試合に勝てば2位の巨人が負けか引き分けで自力優勝を消せた。巨人との直接対決に7勝13敗と大きく負け越している阪神とすれば、何が何でもモノにしたい試合だったが、最も頼りになるはずのゴメスの凡打で絶好の得点機をフイにした。7安打の広島を大きく上回る12安打を放ちながら2得点。「最後まで一本が出なかった」とは試合後の和田監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る