頼みの4番・ゴメスに一本が…阪神は巨人の「自力V」消せず

公開日:  更新日:

 スタンドもマウンド上も歓喜に沸く中、ひとり肩を落としてベンチに引き揚げているのは阪神の主砲ゴメス。26日、マツダスタジアムで行われた広島―阪神戦が終了した直後のひとコマだ。

 阪神は4点を追う九回、反撃に出た。1死一塁から梅野に2ランが飛び出して2点差。なおも3連打で満塁となったところで、4番ゴメスにこの日5回目の打席が回る。一打逆転の場面も、しかし、大瀬良の外角カットボールの上っ面をたたいて遊ゴロ併殺。万事休した。

 首位の阪神がこの試合に勝てば2位の巨人が負けか引き分けで自力優勝を消せた。巨人との直接対決に7勝13敗と大きく負け越している阪神とすれば、何が何でもモノにしたい試合だったが、最も頼りになるはずのゴメスの凡打で絶好の得点機をフイにした。7安打の広島を大きく上回る12安打を放ちながら2得点。「最後まで一本が出なかった」とは試合後の和田監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る