阪神10連戦、広島12連戦…メジャーも笑う過密日程のボヤき

公開日: 更新日:

 メジャーは日程やスケジュールが過酷なことで知られる。

 例えば田中将大のヤンキースは25日(日本時間26日)が16連戦の15試合目。イチローのマーリンズは20連戦の12試合目だ。ナイター翌日のデーゲームは珍しくないし、長距離移動のため宿泊先のホテルで2、3時間しか寝られないケースも中にはある。

 ア・リーグは深夜1時を過ぎて新しいイニングに入らないが、ナ・リーグは延長無制限、決着がつくまで試合をやる。ハリケーンの場合はともかく、降雨中止もほとんどない。雨が降っていれば開始を遅らせ、試合中の降雨は3時間でも4時間でもやむまで平気で待つ。ただでさえ日程がタイトだから、なんとしても試合をその日のうちに消化しようとする。

 それでいてベンチ入りメンバーは25人。登録が28人で3人まで入れ替え可能なプロ野球とは違って、選手の入れ替えがきかない。試合数自体も日本の143より多い162。投手が代走に駆り出されるケースだってあるから、選手のやりくりの大変さはプロ野球の比じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る