阪神10連戦、広島12連戦…メジャーも笑う過密日程のボヤき

公開日:  更新日:

 メジャーは日程やスケジュールが過酷なことで知られる。

 例えば田中将大のヤンキースは25日(日本時間26日)が16連戦の15試合目。イチローのマーリンズは20連戦の12試合目だ。ナイター翌日のデーゲームは珍しくないし、長距離移動のため宿泊先のホテルで2、3時間しか寝られないケースも中にはある。

 ア・リーグは深夜1時を過ぎて新しいイニングに入らないが、ナ・リーグは延長無制限、決着がつくまで試合をやる。ハリケーンの場合はともかく、降雨中止もほとんどない。雨が降っていれば開始を遅らせ、試合中の降雨は3時間でも4時間でもやむまで平気で待つ。ただでさえ日程がタイトだから、なんとしても試合をその日のうちに消化しようとする。

 それでいてベンチ入りメンバーは25人。登録が28人で3人まで入れ替え可能なプロ野球とは違って、選手の入れ替えがきかない。試合数自体も日本の143より多い162。投手が代走に駆り出されるケースだってあるから、選手のやりくりの大変さはプロ野球の比じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る