ジャイアンツ青木 本塁打王抑え球宴ファン投票3位に浮上

公開日: 更新日:

 外野手の4番手から一転してオールスター(7月14日、シンシナティ)のスタメンに名を連ねる可能性が出てきた。

 ナ・リーグファン投票の第4回中間発表が16日(日本時間17日)に行われ、ジャイアンツ・青木宣親(33)が外野手部門で299万5899票を集め、マーリンズ・スタントン(292万2350票)を抜いて前回の4位から順位を1つ上げた。これで「ミッド・サマー・クラシック」と言われる真夏の祭典でのスタメン出場も夢ではなくなってきた。

 青木が猛烈な勢いでファンの支持を拡大した。前回(第3回)の中間発表ではスタントンとは約4万7000票の開きがあったが、逆にわずか1週間で約7万3500票近く差をつけた。

 スタントンは昨季の本塁打王(37本)で、昨オフには北米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約399億7500万円)で契約したメジャーを代表するスターだ。今季もマーリンズの主砲として、ここまでリーグトップの23本塁打をマークしている(15日終了時)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  3. 3

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  4. 4

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  5. 5

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る