年齢の壁もなんの ジャイアンツ青木「複数年契約」に現実味

公開日: 更新日:

 と、スポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

「ただ、ジャイアンツはベテランを重宝しますからね。セイビアンGMは投手も野手も計算の立つベテランに安定した活躍を求める傾向が強い。34歳の正中堅手パガンとは来年まで4年48億円の契約を結んでいます。機動力をほとんど使わないのも特徴で、出塁してなおかつ走れる1番打者がチーム内にいません。パガンは故障がちで往年の走力を求められないし、青木に次ぐ12盗塁をマークしているブランコもしょせん4人目の外野手です。オフのFA市場は外野手が不作なので、補強がうまくいく保証もない。青木のこれまでの成績を考えればオプションを行使するどころか、2年1100万ドル(約13億2000万円)の複数年契約までありますよ」

 青木はいい球団を選んだということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る