ドラ1岡本昇格で“尻に火”でも 巨人・村田は依然崖っぷち

公開日:  更新日:

「(三回にタイムリーエラーで)若い田口の足引っ張っちゃって申し訳なかったけど、1本打ててメッチャほっとしている。正直、メッチャうれしかった」

 30日の中日戦。5点差を追い付いた五回1死から、巨人の村田修一(34)が右越えへ10号ソロを放った。逆転勝利で上がったお立ち台では「メッチャ」を連発しながら安堵の表情を見せた。

 27日に同じ三塁手でドラフト1位ルーキーの岡本が一軍初昇格するや、眠っていた村田が打ち始めた。28日の試合でも3ラン。なかなか出なかった一発も出始めた。岡本はこの日、出番はなかったが、村田は「いつか岡本に抜かれると思うし、そういう時期が来るかもしれない。いろんなことを伝えていきたい。岡本の成長とともに、ボクももうひとつ野球人として成長できるように見守っていきたい。ボクの全てを岡本に伝えて最後まで頑張っていきたい」と、まるで引退を覚悟しているかのような口ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る