ドラ1岡本昇格で“尻に火”でも 巨人・村田は依然崖っぷち

公開日: 更新日:

「(三回にタイムリーエラーで)若い田口の足引っ張っちゃって申し訳なかったけど、1本打ててメッチャほっとしている。正直、メッチャうれしかった」

 30日の中日戦。5点差を追い付いた五回1死から、巨人の村田修一(34)が右越えへ10号ソロを放った。逆転勝利で上がったお立ち台では「メッチャ」を連発しながら安堵の表情を見せた。

 27日に同じ三塁手でドラフト1位ルーキーの岡本が一軍初昇格するや、眠っていた村田が打ち始めた。28日の試合でも3ラン。なかなか出なかった一発も出始めた。岡本はこの日、出番はなかったが、村田は「いつか岡本に抜かれると思うし、そういう時期が来るかもしれない。いろんなことを伝えていきたい。岡本の成長とともに、ボクももうひとつ野球人として成長できるように見守っていきたい。ボクの全てを岡本に伝えて最後まで頑張っていきたい」と、まるで引退を覚悟しているかのような口ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る