ドラ1岡本昇格で“尻に火”でも 巨人・村田は依然崖っぷち

公開日:  更新日:

「(三回にタイムリーエラーで)若い田口の足引っ張っちゃって申し訳なかったけど、1本打ててメッチャほっとしている。正直、メッチャうれしかった」

 30日の中日戦。5点差を追い付いた五回1死から、巨人の村田修一(34)が右越えへ10号ソロを放った。逆転勝利で上がったお立ち台では「メッチャ」を連発しながら安堵の表情を見せた。

 27日に同じ三塁手でドラフト1位ルーキーの岡本が一軍初昇格するや、眠っていた村田が打ち始めた。28日の試合でも3ラン。なかなか出なかった一発も出始めた。岡本はこの日、出番はなかったが、村田は「いつか岡本に抜かれると思うし、そういう時期が来るかもしれない。いろんなことを伝えていきたい。岡本の成長とともに、ボクももうひとつ野球人として成長できるように見守っていきたい。ボクの全てを岡本に伝えて最後まで頑張っていきたい」と、まるで引退を覚悟しているかのような口ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る