疲労ピーク、起用にも疑問符 清宮「左膝痛で途中交代」の波紋

公開日: 更新日:

 加えて前日までの3試合でわずか2安打。日本代表の4番に座りながら、思うような結果が出ていない。精神的な焦りもあったはずだ。心身の疲労が膝に想像以上の負荷をかけたのかもしれない。

■首脳陣はなぜ一塁を守らせたのか

 この日は、今大会で初めて一塁起用された。夏の甲子園で痛めた左手親指に加え、左膝にもテーピングを施して試合に臨んだ。

 日本代表の西谷監督は事前に左膝に関する報告を受けていたが、状態が深刻だとは思わなかったようだ。

 同監督は「本人が出たがっていたし、テーピングをすれば大丈夫というので送り出したが、試合中も痛みがひかないというので交代させた」と説明。清宮に対して「そういうことはもっと早く言わないといけない」と注意したという。


 清宮は今大会、指名打者での起用が続いたことで、「リズムが違ったり、(守備につくことで)気持ちの切り替えができる部分はあった」と言っていた。この日も「守りたいと思っていたけど、改めて言われると久しぶりでしっかりやんなきゃという気持ちになった」と意気に感じた様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る