疲労ピーク、起用にも疑問符 清宮「左膝痛で途中交代」の波紋

公開日: 更新日:

 一塁は中学時代からのポジション。西谷監督は清宮が守備からリズムを作って打撃の調子を上げるタイプだと承知していた。膝の状態がさほど深刻でないなら、勝手知ったるポジションを守らせることで打撃を復活させてやりたいという配慮があったようだ。

 この日の第1打席、二ゴロに倒れてトボトボと歩いていると、ベンチのある選手が「早く帰ってこい! デブ!」とスタンドまで聞こえるくらいの大声で叫び、ベンチ内は沸いた。

 練習中に転がってきたボールを蹴飛ばすなど1年生らしからぬ行動があった清宮にとって、打つ方で結果が出ない上、膝まで痛み出した。そこで先輩からドヤされれば立つ瀬がないように見えるが、それでめげるような選手ではなさそうだ。トボトボと歩くのは膝の違和感に関係なく、昔からの習性とか。調布シニア時代の恩師である安羅岡一樹監督は「打てないときは天を仰いで何かブツブツ言いながらベンチにノソノソ歩いて帰ってくることが多かった。よく『早くしろ!』と怒鳴りつけたものです」と振り返る。甲子園でも調布シニアの先輩で中堅のレギュラーだった3年の渡辺大地が、清宮に対して「しっかり走れよ」と注意していた。「早く帰ってこい!」という声は清宮にとってむしろ、必要なことなのかもしれない。

「アクシデントで途中交代することになったものの、ベンチから野球を見ることで気持ちを切り替えられることもある。もちろん膝の状態は心配ですけど、先輩のゲキが気持ちの面でいいクスリになってくれたらいいですね」とはチーム関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る