「ポスト陽岱鋼」探し急務の日ハムがオコエ瑠偉を狙う

公開日:  更新日:

「こういった華のある選手を獲得できたら(報道陣の)皆さんも追っ掛けるんでしょうね。他球団に2位で取られたら悔しい」

 日本ハムの大渕アマスカウトディレクターがこう言った。8月下旬、札幌市内で行われたスカウト会議の直後だ。1位でなければ獲得できないと言わんばかり。言外に他球団には渡さないという意欲を感じさせる。

 今回のU―18W杯でも走攻守でアピール。「米国戦に勝てたのはオコエの足があればこそ」と、ネット裏のスカウト陣の評価をさらに上げた。

「日本ハムは中堅を守る陽岱鋼(28)の後釜が欲しいのですよ」と、さるOBがこう続ける。

「陽には強烈なメジャー志向があるのです。今年の年頭には楽天の松井稼と一緒に米国のロサンゼルスで自主トレをやっている。今年から外野に転向する松井が陽に教えを請う一方で、陽はメジャー経験のある松井から向こうのシステムや米国での生活について詳しく聞き出したといいます。陽はこのまま順調にいけば、再来年、海外FAを取得予定です。ただ、本人の意思があまりに強いため、球団は来オフ、入札制度での挑戦を認めるといわれています。陽は人気選手だし、早急に後釜をつくる必要がありますからね」

 日ハムはオコエの素質が開花すれば、陽に勝るとも劣らないスター選手に成長するとみているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る