松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

三木谷よ、自分で監督やってみろい

公開日: 更新日:

 楽天イーグルスの三木谷オーナーの現場介入が度を越えているらしい。

 田代打撃コーチの電撃退団に続き、さすがのオーナーイエスマン大久保監督も今シーズン限りで辞める腹を固めたと言われている。「見せましょう、東北の底力を!」と叫んで東北のファンの心を掴んだ選手会長の嶋捕手もチーム方針にゃ辟易してるそうだ。

 昨今のチーム不振に業を煮やして最近はオーナー自らが直接采配を指示しているらしい。本人はこれを「組織的なまねじめんととして、ふろんとと現場がこんすてんし~ある野球のそりゅ~しょんを構築したい」とか言っている。平仮名で書きゃわけが分からん。

 何がやりたいんだおまえ? こんすてんしー? コンステンシー、日本語に訳せば「一貫性」。なら日本語でそう言いやがれ。な~にがコンステンシーだ、伸び上がって横文字並べやがって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る