松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

三木谷よ、自分で監督やってみろい

公開日:  更新日:

 楽天イーグルスの三木谷オーナーの現場介入が度を越えているらしい。

 田代打撃コーチの電撃退団に続き、さすがのオーナーイエスマン大久保監督も今シーズン限りで辞める腹を固めたと言われている。「見せましょう、東北の底力を!」と叫んで東北のファンの心を掴んだ選手会長の嶋捕手もチーム方針にゃ辟易してるそうだ。

 昨今のチーム不振に業を煮やして最近はオーナー自らが直接采配を指示しているらしい。本人はこれを「組織的なまねじめんととして、ふろんとと現場がこんすてんし~ある野球のそりゅ~しょんを構築したい」とか言っている。平仮名で書きゃわけが分からん。

 何がやりたいんだおまえ? こんすてんしー? コンステンシー、日本語に訳せば「一貫性」。なら日本語でそう言いやがれ。な~にがコンステンシーだ、伸び上がって横文字並べやがって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る