• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

投打噛み合わぬ西武ファンの気持ちを代弁してみた

 埼玉西武ライオンズの投打がまったく噛み合わない。これを西武ファンはどう見てるのだろうか? 所沢の団地で犬の散歩でもさせているライオンズファンのオヤジの弁を想像した。

「大きな声でオレャ西武ファンだぁぁ! って叫んでるんだよ。公言してるんだよ、所沢では……。浦和はレッズだろ、所沢がなぁ、いまいちなんだよ。

 巨人ファンは痩せても枯れても、まあ全国区だろ。阪神ファンは道頓堀に飛び込むやつ今でもいるだろ。広島ファンだって今やカープ女子だもんな。ヤクルトファンだってビニ傘振り上げて踊るやつぁいるしな。横浜もハマの観客動員上がってんだよ。日ハムだって大谷人気はえれえことになってるしさ。ソフトバンクはダントツだし、ロッテだってマリンで跳ねてんだろ。ま、オリックスはちょっとなぁ、って感じはあるけど、金持ちだから、あすこは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る