• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ゴジラ松井に勝った、とは笑わせる

 夏の甲子園、むかし松井を5打席連続敬遠させた四国の監督が、初戦で当たる年下のセンバツ優勝校、敦賀気比の監督へ向かって言ったこと。

「うちは前頭で気比さんは横綱。がっぷり四つに組んだら勝てん。まあ、肩すかしはあるんでね」

 恐縮する相手へさらに、

「初戦は実力差が出にくい。松井秀喜とか、プロに行った選手がおるチームに何回か勝った」

 と、強敵を倒した過去の例を並べて若い監督にプレッシャーをかけた。

 ごちゃごちゃうるせえ男だ。この話題を受けたネット上の反応。

「松井とやって勝った? 勝負してないじゃん」

「相変わらずヒールだな」

 ヒール(悪役)。強烈な力を背景にモノを言い、事をなす。同じ明徳義塾出身で大相撲の朝青龍は、相手をなぎ倒してとどまることなく、一般人もなぎ倒した。ヒールと言えなくもないが、自分勝手に威張り散らす小者なだけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る