松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ゴジラ松井に勝った、とは笑わせる

公開日: 更新日:

 夏の甲子園、むかし松井を5打席連続敬遠させた四国の監督が、初戦で当たる年下のセンバツ優勝校、敦賀気比の監督へ向かって言ったこと。

「うちは前頭で気比さんは横綱。がっぷり四つに組んだら勝てん。まあ、肩すかしはあるんでね」

 恐縮する相手へさらに、

「初戦は実力差が出にくい。松井秀喜とか、プロに行った選手がおるチームに何回か勝った」

 と、強敵を倒した過去の例を並べて若い監督にプレッシャーをかけた。

 ごちゃごちゃうるせえ男だ。この話題を受けたネット上の反応。

「松井とやって勝った? 勝負してないじゃん」

「相変わらずヒールだな」

 ヒール(悪役)。強烈な力を背景にモノを言い、事をなす。同じ明徳義塾出身で大相撲の朝青龍は、相手をなぎ倒してとどまることなく、一般人もなぎ倒した。ヒールと言えなくもないが、自分勝手に威張り散らす小者なだけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る