• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

JSCは箱モノよりも選手育成にカネかけろ!

 世界陸上出場日本選手はメダルから遠い。やっぱりな。決勝に進出したのは男子やり投げの新井涼平ぐらい。

 競歩で世界新を持ち、金メダルが期待された鈴木は途中棄権した。陸上長距離選手では命取りともなりかねない恥骨の炎症を押しての出場だったのに、コーチいわく、

「棄権は想定外だった」

 ……そうか、ご苦労。

 初日の男子マラソンに至っては、暑さ対策を十分にしてきたはずなのに21位と惨敗した藤原「途中で頭がぼ~っとしてきた」。北京どころか日本中猛暑で民は皆「頭がぼ~っとしていた」から、感想はなんもない。

 宗猛マラソン部長「若くてスピードのある頃からマラソンに打ち込んでくれる選手が出ることを期待している」。

 ……そうか、ご苦労。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る