松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

JSCは箱モノよりも選手育成にカネかけろ!

公開日:  更新日:

 世界陸上出場日本選手はメダルから遠い。やっぱりな。決勝に進出したのは男子やり投げの新井涼平ぐらい。

 競歩で世界新を持ち、金メダルが期待された鈴木は途中棄権した。陸上長距離選手では命取りともなりかねない恥骨の炎症を押しての出場だったのに、コーチいわく、

「棄権は想定外だった」

 ……そうか、ご苦労。

 初日の男子マラソンに至っては、暑さ対策を十分にしてきたはずなのに21位と惨敗した藤原「途中で頭がぼ~っとしてきた」。北京どころか日本中猛暑で民は皆「頭がぼ~っとしていた」から、感想はなんもない。

 宗猛マラソン部長「若くてスピードのある頃からマラソンに打ち込んでくれる選手が出ることを期待している」。

 ……そうか、ご苦労。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る