松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

JSCは箱モノよりも選手育成にカネかけろ!

公開日:  更新日:

 世界陸上出場日本選手はメダルから遠い。やっぱりな。決勝に進出したのは男子やり投げの新井涼平ぐらい。

 競歩で世界新を持ち、金メダルが期待された鈴木は途中棄権した。陸上長距離選手では命取りともなりかねない恥骨の炎症を押しての出場だったのに、コーチいわく、

「棄権は想定外だった」

 ……そうか、ご苦労。

 初日の男子マラソンに至っては、暑さ対策を十分にしてきたはずなのに21位と惨敗した藤原「途中で頭がぼ~っとしてきた」。北京どころか日本中猛暑で民は皆「頭がぼ~っとしていた」から、感想はなんもない。

 宗猛マラソン部長「若くてスピードのある頃からマラソンに打ち込んでくれる選手が出ることを期待している」。

 ……そうか、ご苦労。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る