PO連続予選落ち…スピースの不調は「モチベーションの空白」

公開日: 更新日:

コラム【羽川豊 プロ求道】

 日本ツアーは男子も女子も韓国人選手が圧倒的な強さを見せています。

 男子大会はフジサンケイで金庚泰が3勝目、女子大会はゴルフ5レディスでイ・ボミが4勝目を挙げて、2人とも今季賞金レースのトップに立っています。

 韓国人選手を見て感じるのはスイングの違いです。

 ジュニア時代に基礎からしっかりつくり上げて、ボールの曲がる要素が少ない。優勝争いというプレッシャーのかかる場面や、逆境の中でもスイングが簡単に崩れない。そうなれば必然的に、勝つチャンスが大きくなるわけです。

 韓国選手は、国内にとどまらずに競争激しい世界に飛び出して力をつけてます。苦しさの中から這い上がってきたプロだけが持つ強さがそこにあるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る