• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PO連続予選落ち…スピースの不調は「モチベーションの空白」

コラム【羽川豊 プロ求道】

 日本ツアーは男子も女子も韓国人選手が圧倒的な強さを見せています。

 男子大会はフジサンケイで金庚泰が3勝目、女子大会はゴルフ5レディスでイ・ボミが4勝目を挙げて、2人とも今季賞金レースのトップに立っています。

 韓国人選手を見て感じるのはスイングの違いです。

 ジュニア時代に基礎からしっかりつくり上げて、ボールの曲がる要素が少ない。優勝争いというプレッシャーのかかる場面や、逆境の中でもスイングが簡単に崩れない。そうなれば必然的に、勝つチャンスが大きくなるわけです。

 韓国選手は、国内にとどまらずに競争激しい世界に飛び出して力をつけてます。苦しさの中から這い上がってきたプロだけが持つ強さがそこにあるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る