パット入らず25位 松山の“重症”に「ジュニア時代の弊害」指摘

公開日: 更新日:

プレーオフ第2戦【ドイツ銀行選手権】

 2位発進のリッキー・ファウラー(26)が逆転で米ツアー3勝目を挙げたプレーオフ2戦目。

「ガマンできたのが勝因」と、硬くなったグリーンと難しいピン位置の最終日に68をマーク。ポイントランキングでも大会前の22位から一気に3位まで浮上した。

 一方、首位と5打差6位発進の松山英樹(23)は「チャンスがある」と語っていたが、4日間ワーストの75をたたき、25位に終わった。

 前半は2番バーディー、3番ボギー、4番バーディーと出入りが激しく、6番、7番と連続3パットボギーが痛かった。

 1つスコアを落としてターン。インはパーセーブを続けて、14番のチップインバーディーで息を吹き返す。スタート時点の8アンダーに戻して5位に浮上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る