パット入らず25位 松山の“重症”に「ジュニア時代の弊害」指摘

公開日: 更新日:

プレーオフ第2戦【ドイツ銀行選手権】

 2位発進のリッキー・ファウラー(26)が逆転で米ツアー3勝目を挙げたプレーオフ2戦目。

「ガマンできたのが勝因」と、硬くなったグリーンと難しいピン位置の最終日に68をマーク。ポイントランキングでも大会前の22位から一気に3位まで浮上した。

 一方、首位と5打差6位発進の松山英樹(23)は「チャンスがある」と語っていたが、4日間ワーストの75をたたき、25位に終わった。

 前半は2番バーディー、3番ボギー、4番バーディーと出入りが激しく、6番、7番と連続3パットボギーが痛かった。

 1つスコアを落としてターン。インはパーセーブを続けて、14番のチップインバーディーで息を吹き返す。スタート時点の8アンダーに戻して5位に浮上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る