ポレダはヤクルトが丸裸 巨人投手陣に「クセバレ恐怖症」拡散

公開日: 更新日:

 牽制するか、しないか。直球か、変化球か。投球フォームの「クセ」がバレると、投手にとっては致命的だ。

 2日のヤクルト戦で左腕ポレダが初回に2盗塁を許した。右足が動く前にスタートを切られたことで、系列スポーツ紙は「クセ丸裸」と1面でデカデカと報じた。ご丁寧にも、セットポジションの際の首の動きうんぬんと教えてくれている。とはいえ、この時期までクセを“放置”していたのは大問題。投手コーチはどうかしている、という話になるからだ。

 さらに厄介なのは、クセバレ疑惑がポレダだけじゃないことである。他に菅野、マイコラス、高木勇の先発4本柱全員。救援陣では山口、マシソンなどの主力級に軒並み「クセバレ」がささやかれているのだから穏やかではない。

 エースの菅野はヤクルトに0勝3敗、防御率6.89。マイコラスは広島に0勝2敗、同7.71。高木勇はDeNAに1勝3敗、同6.14。なぜか1球団にだけ集中的に打たれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る