ポレダはヤクルトが丸裸 巨人投手陣に「クセバレ恐怖症」拡散

公開日:  更新日:

 牽制するか、しないか。直球か、変化球か。投球フォームの「クセ」がバレると、投手にとっては致命的だ。

 2日のヤクルト戦で左腕ポレダが初回に2盗塁を許した。右足が動く前にスタートを切られたことで、系列スポーツ紙は「クセ丸裸」と1面でデカデカと報じた。ご丁寧にも、セットポジションの際の首の動きうんぬんと教えてくれている。とはいえ、この時期までクセを“放置”していたのは大問題。投手コーチはどうかしている、という話になるからだ。

 さらに厄介なのは、クセバレ疑惑がポレダだけじゃないことである。他に菅野、マイコラス、高木勇の先発4本柱全員。救援陣では山口、マシソンなどの主力級に軒並み「クセバレ」がささやかれているのだから穏やかではない。

 エースの菅野はヤクルトに0勝3敗、防御率6.89。マイコラスは広島に0勝2敗、同7.71。高木勇はDeNAに1勝3敗、同6.14。なぜか1球団にだけ集中的に打たれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る