森会長白旗、WRも失望声明…ラグビーW杯は「味スタ」へ

公開日:  更新日:

 誰の目にもムダの極致だった「総工費2520億円」の新国立。白紙撤回がズルズル遅くなったのは、新国立を「東京五輪の前年19年開催のラグビーW杯のメーン競技場(開幕戦・決勝戦)にしたかった東京五輪組織委員会・森喜朗会長が抵抗した」(マスコミ関係者)ともっぱらである。

「早大ラグビー部OBで今年6月まで日本ラグビー協会の会長を5期10年務めた森会長が新国立に執着している限り、白紙撤回は難しい情勢だった。しかし、さすがに形勢不利を悟って安倍首相に引導を渡される格好で諦めた」(前出関係者)

 ラグビーW杯は19年9~10月に国内12会場で開催される。招致段階ではメーン競技場は日産スタジアムだったが、20年東京五輪開催決定後、森元首相が「どうせならラグビーW杯に間に合うように造ろう」と言い出し、「これが新国立の総工費が2520億円にまで膨れ上がり、白紙撤回のタイミングを遅らせることになった」(前出関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る