森会長白旗、WRも失望声明…ラグビーW杯は「味スタ」へ

公開日:  更新日:

 誰の目にもムダの極致だった「総工費2520億円」の新国立。白紙撤回がズルズル遅くなったのは、新国立を「東京五輪の前年19年開催のラグビーW杯のメーン競技場(開幕戦・決勝戦)にしたかった東京五輪組織委員会・森喜朗会長が抵抗した」(マスコミ関係者)ともっぱらである。

「早大ラグビー部OBで今年6月まで日本ラグビー協会の会長を5期10年務めた森会長が新国立に執着している限り、白紙撤回は難しい情勢だった。しかし、さすがに形勢不利を悟って安倍首相に引導を渡される格好で諦めた」(前出関係者)

 ラグビーW杯は19年9~10月に国内12会場で開催される。招致段階ではメーン競技場は日産スタジアムだったが、20年東京五輪開催決定後、森元首相が「どうせならラグビーW杯に間に合うように造ろう」と言い出し、「これが新国立の総工費が2520億円にまで膨れ上がり、白紙撤回のタイミングを遅らせることになった」(前出関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る