• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

頼れる“タフマン”山田の連発弾でヤクルトがCS進出決定

 この土壇場でこれほど頼もしい男もいまい。

 24日のDeNA戦でヤクルトの山田(23)が初回に35号となる先制ホームラン。三回にも2打席連続となる36号を放ち、チームの勝利に貢献した。これでヤクルトはCS進出が決定。球団からすれば「山田さまさま」だろう。

 この日、巨人が負けていれば優勝マジック4が点灯していた。そんな時期になってようやくAクラス確定というのだから、混セの激しさ、ここに極まれりだ。

「先を見ず、目の前の一戦一戦の相手を倒していくだけです!」

 とお立ち台で語った山田。すでにトルプルスリーを確実なものとし、本塁打王もほぼ手中に収めたとはいえ、チームはまだCS進出を決めただけ。まだまだ山田のバットに頼る場面は多そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事