マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スライスもフックもフェースの向きとヘッド軌道で決まる

公開日:  更新日:

 球筋(弾道)はインパクト時のフェース向きとヘッド軌道の組み合わせで決まる。

 先週の男子ツアーANAオープンはホストプロの石川遼が最終日も69とスコアを伸ばして優勝。

 24歳になったばかりでツアー12勝目を手にしている。

 優勝した石川選手をはじめ、男子ツアーには左から右に曲がるフェードを持ち球にしている選手が多い。

 では、ツアープロはどんなふうにフェードを打っているのか?

 米PGAツアーでも使われている弾道計測器「トラックマン」に詳しいアジアジュニアゴルフ協会代表理事の吉岡徹治さんによると、フェードを打つポイントは2つ。

「インパクトでフェースがややクローズ。そしてフェースの向きに対して、ヘッドがややアウトサイドインに動く。この状態でインパクトを迎えると、ボールは狙いよりも少し左に飛び出し、左から右に軽く曲がるフェード弾道になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る