巨人撃破も安堵できず 阪神和田監督に飛び交う「体調不良説」

公開日:  更新日:

「優勝なら続投といわれてますけど……」

 阪神の和田監督についてこう話すのは、ある阪神OB。心配顔でこう続けるのだ。

「体調がどうなんかな、という心配がある。キャンプ中、持病の高血圧が原因で練習を1日休んだでしょ。酒はもちろん、塩分も控えめにしていたみたいだし、薬も手放せないと聞きます。03年には、当時の星野監督が18年ぶりのリーグ優勝を果たしながら、高血圧が原因で勇退している。昨年限りで退任した広島の野村前監督は心身の病で睡眠薬が手放せなくなったと聞いている。和田監督がもし、来季続投が決まったとしても、ユニホームを着続けることができるのか……」

 監督業はただでさえ激務なのに、人気、注目度が高い阪神の監督は、何倍も大変だといわれている。

 前述の星野元監督はファン、マスコミの心を掴み、応援ムードが高かったにもかかわらず、試合中に血圧が上昇し、胃痛、嘔吐に悩まされた。「阪神の監督は命を削る」とまで言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る