巨人撃破も安堵できず 阪神和田監督に飛び交う「体調不良説」

公開日:  更新日:

「優勝なら続投といわれてますけど……」

 阪神の和田監督についてこう話すのは、ある阪神OB。心配顔でこう続けるのだ。

「体調がどうなんかな、という心配がある。キャンプ中、持病の高血圧が原因で練習を1日休んだでしょ。酒はもちろん、塩分も控えめにしていたみたいだし、薬も手放せないと聞きます。03年には、当時の星野監督が18年ぶりのリーグ優勝を果たしながら、高血圧が原因で勇退している。昨年限りで退任した広島の野村前監督は心身の病で睡眠薬が手放せなくなったと聞いている。和田監督がもし、来季続投が決まったとしても、ユニホームを着続けることができるのか……」

 監督業はただでさえ激務なのに、人気、注目度が高い阪神の監督は、何倍も大変だといわれている。

 前述の星野元監督はファン、マスコミの心を掴み、応援ムードが高かったにもかかわらず、試合中に血圧が上昇し、胃痛、嘔吐に悩まされた。「阪神の監督は命を削る」とまで言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る