残り試合が正念場 阪神・和田監督の「解任」シミュレーション

公開日: 更新日:

 このまま逃げ切れる力はない。

 降雨のため44分遅れで「プレーボール」となった1日の阪神広島戦。一回表2死無走者から雨脚が強くなり、10分間の中断後、ノーゲームとなった。

 阪神は118試合を消化して首位に立っているとはいえ、2位ヤクルト、3位巨人とのゲーム差は1。4位広島とも4.5差しかない。苦手な巨人戦(7勝13敗)は5試合を残し、6勝9敗(1分け)と負け越している広島戦も9試合ある。先週は5試合で1勝4敗と大苦戦。この先25試合で首位転落どころか、Bクラス落ちだってありうる話だ。

 あるOBは、「ここまできてBクラスなら監督解任は堅い」と言って、こう続けた。

「今季で4年目の和田監督は、5位、2位、2位ときているが、阪神の年俸総額は34億円近い(12球団中4位)。3年に1度は優勝しなければファンも納得しないし、大金を使っている意味もない。一昨年は2位といっても巨人に12.5ゲーム差もつけられ、昨年も7ゲーム差で一部には交代論もあった。それを打ち消したのは、奇跡といわれた巨人とのクライマックスシリーズ4連勝だった。今年も優勝なら続投、Bクラスなら解任。ここまでは決まりとみていい。仮に2位や3位でも、日本シリーズに進めば、南球団社長は続投させるはずです。問題はCSの負け方が悪い時。監督交代で話題と新味が欲しいスポーツマスコミは黙ってはいないでしょう」

 阪神といえば「お家騒動」が常。特にオフシーズンは、話題に事欠くマスコミにとっておいしいネタである。阪神に波風が立たなければ、無理やりでも雨を降らせたいのが本音。和田監督がぐっすり眠れる日々を送るには、一日でも早く優勝を決めるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る