日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯開催国イングランド敗退危機で日本に“追い風”の可能性

 ラグビーのW杯(イングランド)は3日から1次リーグの後半戦が始まる。

 2試合を終えて1勝1敗で1次リーグB組4位の日本は、同じく1勝1敗ながら得失点差で上回り3位につけるサモアと対戦する。日本が決勝トーナメントに進むためには残り2戦に勝ち、4トライ以上などで与えられるボーナス点が必要だ。目標とする8強入りは厳しい状況にあるとはいえ、可能性は決してゼロではない。

 開催国イングランドの苦戦が日本に追い風となりそうだからだ。ここまでイングランドは2戦して1勝1敗で1次リーグA組3位。3日に優勝候補の一角である豪州に負ければ、1次リーグ敗退が濃厚となる。

 ラグビー発祥国が8強入りすらできなければ、面目は丸つぶれだ。今大会の集客やユニホーム、グッズの売れ行きにも影響しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事