• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯開催国イングランド敗退危機で日本に“追い風”の可能性

 ラグビーのW杯(イングランド)は3日から1次リーグの後半戦が始まる。

 2試合を終えて1勝1敗で1次リーグB組4位の日本は、同じく1勝1敗ながら得失点差で上回り3位につけるサモアと対戦する。日本が決勝トーナメントに進むためには残り2戦に勝ち、4トライ以上などで与えられるボーナス点が必要だ。目標とする8強入りは厳しい状況にあるとはいえ、可能性は決してゼロではない。

 開催国イングランドの苦戦が日本に追い風となりそうだからだ。ここまでイングランドは2戦して1勝1敗で1次リーグA組3位。3日に優勝候補の一角である豪州に負ければ、1次リーグ敗退が濃厚となる。

 ラグビー発祥国が8強入りすらできなければ、面目は丸つぶれだ。今大会の集客やユニホーム、グッズの売れ行きにも影響しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る