• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退の谷繁「中日移籍」秘話 陰に横浜・森監督との確執が…

「提示された条件には納得している」

 26日のDeNA戦が現役最後の出場となった谷繁(44)。古巣横浜でFA宣言したのは01年オフだった。横浜はメジャー入りを希望する谷繁に残留を要請。4年10億円プラス出来高(推定)の条件を提示したが、冒頭の言葉を述べる谷繁に笑顔はなかった。

 結局、メジャーからは納得できる契約条件を得られず、4年12億円(推定)と将来の指導者手形を切った中日に移籍したのだが、実は谷繁の第一希望は横浜残留だった。

 当時を知るスポーツ紙の記者が言う。

「01年から横浜の監督に就任したのは巨人V9時代の名捕手で、西武を常勝チームに育てた森祇晶氏。谷繁はシーズン中、ベンチでは森監督の横に座り素直に話を聞いていたが、いつしか離れて座るようになった。森監督が『あのリードで、よく正捕手が務まってたな』と陰でグチグチ言っているのを人づてに聞いて、森監督の性格に嫌気がさしたのです。森監督は谷繁がFA移籍しても相川(亮二=現巨人)で穴埋めできると考えていた。谷繁は98年に日本一になった横浜に愛着があったが、監督と球団の方針を知って、追い出されるように移籍したわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る