引退の谷繁「中日移籍」秘話 陰に横浜・森監督との確執が…

公開日:  更新日:

「提示された条件には納得している」

 26日のDeNA戦が現役最後の出場となった谷繁(44)。古巣横浜でFA宣言したのは01年オフだった。横浜はメジャー入りを希望する谷繁に残留を要請。4年10億円プラス出来高(推定)の条件を提示したが、冒頭の言葉を述べる谷繁に笑顔はなかった。

 結局、メジャーからは納得できる契約条件を得られず、4年12億円(推定)と将来の指導者手形を切った中日に移籍したのだが、実は谷繁の第一希望は横浜残留だった。

 当時を知るスポーツ紙の記者が言う。

「01年から横浜の監督に就任したのは巨人V9時代の名捕手で、西武を常勝チームに育てた森祇晶氏。谷繁はシーズン中、ベンチでは森監督の横に座り素直に話を聞いていたが、いつしか離れて座るようになった。森監督が『あのリードで、よく正捕手が務まってたな』と陰でグチグチ言っているのを人づてに聞いて、森監督の性格に嫌気がさしたのです。森監督は谷繁がFA移籍しても相川(亮二=現巨人)で穴埋めできると考えていた。谷繁は98年に日本一になった横浜に愛着があったが、監督と球団の方針を知って、追い出されるように移籍したわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る