退団濃厚の日ハム右腕メンドーサはCSが唯一の売り込み舞台

公開日:  更新日:

「今季限りなのは間違いない。でもだからこそ、CSでの力投が期待できるんだよ」

 日本ハムOBがこう話すのは、CSファーストステージ2戦目に先発予定のメンドーサ(31)だ。日ハム2年目の助っ人右腕は今季10勝8敗、防御率3.51。年俸は1億円だ。今季限りで契約が切れることもあり、来季の所属先に注目が集まっている。

 冒頭のOBが続ける。

「メンドーサの代理人が球団に移籍をちらつかせていると聞いている。もちろん、来季契約のために好条件を引き出そうとしているのだが、これは逆効果。ただでさえ、日ハムはカネにシビア。『我々の出す条件が嫌なら好きにしろ』というのが球団の基本姿勢だからね。いくら交渉しようが暖簾に腕押し。となれば、ポストシーズンで他球団に向けてアピールをする必要がある」


 現時点でメンドーサ争奪戦に出てくることが予想されるのは投壊状態の楽天、西武、DeNAの3球団。メンツがメンツだけに、どこまで年俸を吊り上げられるか甚だ心もとない。しかし、CSで目の覚めるような好投をすれば、阪神と中日も引っ張り込める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る