退団濃厚の日ハム右腕メンドーサはCSが唯一の売り込み舞台

公開日: 更新日:

「今季限りなのは間違いない。でもだからこそ、CSでの力投が期待できるんだよ」

 日本ハムOBがこう話すのは、CSファーストステージ2戦目に先発予定のメンドーサ(31)だ。日ハム2年目の助っ人右腕は今季10勝8敗、防御率3.51。年俸は1億円だ。今季限りで契約が切れることもあり、来季の所属先に注目が集まっている。

 冒頭のOBが続ける。

「メンドーサの代理人が球団に移籍をちらつかせていると聞いている。もちろん、来季契約のために好条件を引き出そうとしているのだが、これは逆効果。ただでさえ、日ハムはカネにシビア。『我々の出す条件が嫌なら好きにしろ』というのが球団の基本姿勢だからね。いくら交渉しようが暖簾に腕押し。となれば、ポストシーズンで他球団に向けてアピールをする必要がある」


 現時点でメンドーサ争奪戦に出てくることが予想されるのは投壊状態の楽天西武、DeNAの3球団。メンツがメンツだけに、どこまで年俸を吊り上げられるか甚だ心もとない。しかし、CSで目の覚めるような好投をすれば、阪神中日も引っ張り込める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  8. 8

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

もっと見る