川勝良一
著者のコラム一覧
川勝良一サッカー解説者

1958年4月5日生まれ。京都市出身。法政大在学中に日本代表に選出され、法大を卒業した81年に東芝(現札幌)入り。83年に読売クラブ(現東京V)に移籍。背番号10を背負い、テクニシャン系司令塔として活躍した。91年に東京ガス(現FC東京)を最後に現役を引退してからは東京V、神戸、福岡、京都で監督を歴任。現在はスカパー!解説者など。

<第7回>男子日本代表はメンタル面も含めて緩過ぎた

公開日:  更新日:
本田(左)と宇佐美(右)も不発(C)日刊ゲンダイ

 ロシアW杯アジア2次予選の初戦・シンガポール戦は、日本代表の課題が出た試合だった。まずは、20本以上のシュートを打ちながら、無得点に終わった日本の決定力不足。アジアが相手でもシュートのテクニックが低い。遅攻で攻め込みながらも、両SBの位置が低いことも気になった。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る