• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

残り6試合でミラクルを起こす

 元日本代表MFの名波浩さん(41)が、ジュビロ磐田の監督に就任して2週間。2戦目の大分トリニータ戦(4日)は負けましたが、3戦目のFC岐阜戦(11日)は3─1で勝ちました。ボク自身、かなり珍しいヘディングシュートを含めて2得点。少しは勝利に貢献できましたが、得点シーン以外は、いまひとつだったかな。でも、チームの課題だった攻守の切り替えが良くなり、全盛期のジュビロのような素早い攻めが増えてきました。

 名波監督はボールの持ち方、動き方、セットプレーの細かい約束事など丁寧にアドバイスしてくれる。パス回しも「タテへの意識」を強調しています。今季の悪い時はパスが「横に、横に」となりがち。それを奪われてカウンターを食らい、失点することが多かった。でも、今は全選手の意識が「前へ、前へ」に統一されています。

 遼一(FW前田)もボールを受けたら「一発で決めてやる」という意識になっている。サッカーに年齢は関係なし。若手や中堅とうまく融合しながら、ボクと遼一、コマちゃん(DF駒野)の33歳トリオで試合をスムーズに運んでいけたらいいと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る