松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

残り6試合でミラクルを起こす

公開日:  更新日:

 元日本代表MFの名波浩さん(41)が、ジュビロ磐田の監督に就任して2週間。2戦目の大分トリニータ戦(4日)は負けましたが、3戦目のFC岐阜戦(11日)は3─1で勝ちました。ボク自身、かなり珍しいヘディングシュートを含めて2得点。少しは勝利に貢献できましたが、得点シーン以外は、いまひとつだったかな。でも、チームの課題だった攻守の切り替えが良くなり、全盛期のジュビロのような素早い攻めが増えてきました。

 名波監督はボールの持ち方、動き方、セットプレーの細かい約束事など丁寧にアドバイスしてくれる。パス回しも「タテへの意識」を強調しています。今季の悪い時はパスが「横に、横に」となりがち。それを奪われてカウンターを食らい、失点することが多かった。でも、今は全選手の意識が「前へ、前へ」に統一されています。

 遼一(FW前田)もボールを受けたら「一発で決めてやる」という意識になっている。サッカーに年齢は関係なし。若手や中堅とうまく融合しながら、ボクと遼一、コマちゃん(DF駒野)の33歳トリオで試合をスムーズに運んでいけたらいいと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る