松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

残り6試合でミラクルを起こす

公開日: 更新日:

 元日本代表MFの名波浩さん(41)が、ジュビロ磐田の監督に就任して2週間。2戦目の大分トリニータ戦(4日)は負けましたが、3戦目のFC岐阜戦(11日)は3─1で勝ちました。ボク自身、かなり珍しいヘディングシュートを含めて2得点。少しは勝利に貢献できましたが、得点シーン以外は、いまひとつだったかな。でも、チームの課題だった攻守の切り替えが良くなり、全盛期のジュビロのような素早い攻めが増えてきました。

 名波監督はボールの持ち方、動き方、セットプレーの細かい約束事など丁寧にアドバイスしてくれる。パス回しも「タテへの意識」を強調しています。今季の悪い時はパスが「横に、横に」となりがち。それを奪われてカウンターを食らい、失点することが多かった。でも、今は全選手の意識が「前へ、前へ」に統一されています。

 遼一(FW前田)もボールを受けたら「一発で決めてやる」という意識になっている。サッカーに年齢は関係なし。若手や中堅とうまく融合しながら、ボクと遼一、コマちゃん(DF駒野)の33歳トリオで試合をスムーズに運んでいけたらいいと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る