右肘“ねずみ”除去手術成功でも消えない田中将の故障不安

公開日:  更新日:

 日本人エース右腕の右肘にメスが入った。

 ヤンキースは20日、田中将大(26)がニューヨーク市内の病院で右肘の骨棘を除去する手術を受けたと発表。メッツのチームドクターで肘の権威の一人として知られるデービッド・アルトチェック医師が執刀し、関節鏡を使って患部の骨片を取り除いたという。

 この手術は日本でも受ける投手は珍しくない、通称「ねずみ」と呼ばれるもの。田中は今後リハビリを行い、約6週間後の12月上旬には投球練習を再開できる見込み。

 今季の田中は開幕投手を任され、エースとしての働きを期待されながら、4月に右手首と右前腕部の炎症のため早々と故障者リスト入り。昨季、靱帯を部分断裂した右肘の負担を減らすため、主に中5日と余裕を持って登板し、24試合で12勝7敗、防御率3.51。6日のアストロズとのワイルドカードゲームに先発、5回を投げ2本塁打含む4安打2失点で敗戦投手となり、チームの地区シリーズ進出はならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る