右肘“ねずみ”除去手術成功でも消えない田中将の故障不安

公開日: 更新日:

 日本人エース右腕の右肘にメスが入った。

 ヤンキースは20日、田中将大(26)がニューヨーク市内の病院で右肘の骨棘を除去する手術を受けたと発表。メッツのチームドクターで肘の権威の一人として知られるデービッド・アルトチェック医師が執刀し、関節鏡を使って患部の骨片を取り除いたという。

 この手術は日本でも受ける投手は珍しくない、通称「ねずみ」と呼ばれるもの。田中は今後リハビリを行い、約6週間後の12月上旬には投球練習を再開できる見込み。

 今季の田中は開幕投手を任され、エースとしての働きを期待されながら、4月に右手首と右前腕部の炎症のため早々と故障者リスト入り。昨季、靱帯を部分断裂した右肘の負担を減らすため、主に中5日と余裕を持って登板し、24試合で12勝7敗、防御率3.51。6日のアストロズとのワイルドカードゲームに先発、5回を投げ2本塁打含む4安打2失点で敗戦投手となり、チームの地区シリーズ進出はならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る