日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

候補10人超も“本命”見当たらず…DeNA次期監督選びが混沌

「地元横浜にゆかりのある人。横浜という面を優先順位で挙げた方がいい」

 7日、DeNAの池田球団社長が、退任した中畑監督の後任人事について、こう語った。

 球団はすでに、10人程度の監督候補をリストアップしており、現体制からの内部昇格案もあるという。ちなみに41歳のベテラン右腕・三浦の兼任監督案については、高田GMが「兼任は難しい。現役を退くならまだしもね」と否定的な見解を示している。

 高田GMは以前、「(中畑監督時代の)4年間を生かし、勝負できる人」とする一方、「経験にこだわると、なかなかいい人はいない」とも言っている。チーム関係者が言う。

「横浜にゆかりがあるといえば、ラミレスは候補になる。12年から2年間プレーしているから、球団がやってきたチームづくりを含めてよくわかっている。98年の優勝メンバーでいえば、解説者の佐々木主浩、今季限りで現役を引退した楽天の斎藤隆は、現役時代の実績も人気もある。球団が考える、お客さんを呼べる人材というところにも合致する。内部昇格なら、やはり98年メンバーの進藤達哉ヘッドコーチだろう。山下大輔二軍監督、大村巌一軍打撃コーチが揃って退団していることを考えても、最有力候補でしょう。進藤コーチ招聘は、球団の肝いりだったからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事