• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

候補10人超も“本命”見当たらず…DeNA次期監督選びが混沌

「地元横浜にゆかりのある人。横浜という面を優先順位で挙げた方がいい」

 7日、DeNAの池田球団社長が、退任した中畑監督の後任人事について、こう語った。

 球団はすでに、10人程度の監督候補をリストアップしており、現体制からの内部昇格案もあるという。ちなみに41歳のベテラン右腕・三浦の兼任監督案については、高田GMが「兼任は難しい。現役を退くならまだしもね」と否定的な見解を示している。

 高田GMは以前、「(中畑監督時代の)4年間を生かし、勝負できる人」とする一方、「経験にこだわると、なかなかいい人はいない」とも言っている。チーム関係者が言う。

「横浜にゆかりがあるといえば、ラミレスは候補になる。12年から2年間プレーしているから、球団がやってきたチームづくりを含めてよくわかっている。98年の優勝メンバーでいえば、解説者の佐々木主浩、今季限りで現役を引退した楽天の斎藤隆は、現役時代の実績も人気もある。球団が考える、お客さんを呼べる人材というところにも合致する。内部昇格なら、やはり98年メンバーの進藤達哉ヘッドコーチだろう。山下大輔二軍監督、大村巌一軍打撃コーチが揃って退団していることを考えても、最有力候補でしょう。進藤コーチ招聘は、球団の肝いりだったからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る