ゴールなくACL敗退…ガンバ宇佐美「海外再挑戦」封印の波紋

公開日: 更新日:

 G大阪のFW宇佐美貴史(23)が21日、地元でのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦・広州恒大(中国)戦で後半15分に交代出場。26分と39分にシュートを放ったが、いずれもゴールの枠内を捉えきれず、試合はスコアレスドロー決着。2試合合計スコア1-2でG大阪の準決勝敗退が決まった。

 高校2年でG大阪のトップチームとプロ契約を交わした宇佐美は11年6月、欧州を代表する名門バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に引き抜かれるも、鳴かず飛ばず。移籍したホッヘンハイムでも控えに甘んじ、13年6月に当時J2の古巣G大阪に復帰した。

 Jリーグではゴールを量産。15年3月にはハリルホジッチ監督から2年半ぶりに代表メンバーに招集され、同月27日のチュニジア戦で初招集から4年越しの代表デビューを果たし、4日後のウズベキスタン戦で代表初ゴールを決めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  4. 4

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る