中日を戦力外の吉川が活躍 改めて問われる落合GMの“眼力”

公開日:  更新日:

「急に決まったけど、勇人さんの代わりをしっかりできたと思います」

 ヤクルトを下して首位に返り咲いた4日の試合。ヒーローインタビューに呼ばれた巨人の吉川大幾(22)は緊張した面持ちでこう言った。

 ゲーム差なしで迎えた首位攻防戦。試合前の練習中に腰痛を訴えて欠場した坂本に代わって、急きょ「7番・遊撃」の先発メンバーに指名された。「突然だったので、逆にすんなり(試合に)入れた」との言葉通り、2安打1打点の活躍。中でも、ヤクルトに1点差に迫られた直後の七回無死一、三塁で放った左前適時打は、「貴重な1点? 自分でもここで点が入れば大事な1点になると思った。結果にこだわって打席に入りました」と自画自賛である。

 大阪・PL学園から10年のドラフト2位で中日に入団。「立浪2世」と期待され、その先輩がつけていた背番号3を与えられた。が、中日では通算34試合の出場で28打数4安打(打率.143)と芽が出ず、昨年のオフに戦力外通告を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る