室田淳がプレー中に“悪態” 識者から「マナー欠落」と厳しい声

公開日: 更新日:

【日本シニアオープン】

 シニア大会は勝負が最終18番パー5までもつれる面白い展開だった。

 最終組は17番が終わって8アンダーで首位に立つ平石武則(55)と1打差2位で追う米山剛(50)の2人。

 米山が先にピン手前3メートルへ2オンに成功すると、レイアップした平石は3打目をカップそばにピタリ、と2人の好プレーに観客が沸いた。結局、米山のイーグルパットは外れ、平石がバーディーを難なく決めて初優勝したわけだが、そんなシニアの健闘が光った大会で終盤までV圏内にいた室田淳(60)のプレー態度がひどかった。

 13番でバーディーチャンスを外し、15番でパーパットを決められなかった時に、手にしていた中尺パターをグリーン面にパタンと音がするぐらい勢いよく倒したのだ。また15番ではラフから左に曲げるミスショットにクラブを地面にたたきつけるしぐさを見せ、17番ではフェアウエーという絶好のポジションからグリーン右に外すとアイアンを放り投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る