室田淳がプレー中に“悪態” 識者から「マナー欠落」と厳しい声

公開日: 更新日:

【日本シニアオープン】

 シニア大会は勝負が最終18番パー5までもつれる面白い展開だった。

 最終組は17番が終わって8アンダーで首位に立つ平石武則(55)と1打差2位で追う米山剛(50)の2人。

 米山が先にピン手前3メートルへ2オンに成功すると、レイアップした平石は3打目をカップそばにピタリ、と2人の好プレーに観客が沸いた。結局、米山のイーグルパットは外れ、平石がバーディーを難なく決めて初優勝したわけだが、そんなシニアの健闘が光った大会で終盤までV圏内にいた室田淳(60)のプレー態度がひどかった。

 13番でバーディーチャンスを外し、15番でパーパットを決められなかった時に、手にしていた中尺パターをグリーン面にパタンと音がするぐらい勢いよく倒したのだ。また15番ではラフから左に曲げるミスショットにクラブを地面にたたきつけるしぐさを見せ、17番ではフェアウエーという絶好のポジションからグリーン右に外すとアイアンを放り投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  7. 7

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  8. 8

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る