日本人プロは見習いたい A・スコットが生む観客との一体感

公開日: 更新日:

【日本オープン】

 その瞬間、大勢のギャラリーから「オッー」と驚嘆の声が上がり、周囲に響いた。

 8番パー4(366ヤード)。アダム・スコット(35、オーストラリア)がこの打ち下ろしの右ドッグレッグのティーイングランドで、おもむろにキャディーバッグからドライバーを引き抜いて、1オンを狙ったからだ。

 打球は右の林を越えてグリーン左エッジをとらえた。ピンまで24メートルの距離をパターで手前50センチに寄せて、楽々バーディー。大歓声が上がった。実は、プロアマ戦の際、研修生にこのホールの攻め方を聞き、グリーン上からワンオンを狙えるか確認していたのだ。

「その時点で首位と5打差あったので、バーディーを決めなければならないと思った。良いショットを打てれば、バーディーあるいはイーグルチャンスにつけることができる。まだ36ホールあるので大丈夫。あと少しで本調子になると思うので差を縮めていきたい」(スコット)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る