日本人プロは見習いたい A・スコットが生む観客との一体感

公開日: 更新日:

【日本オープン】

 その瞬間、大勢のギャラリーから「オッー」と驚嘆の声が上がり、周囲に響いた。

 8番パー4(366ヤード)。アダム・スコット(35、オーストラリア)がこの打ち下ろしの右ドッグレッグのティーイングランドで、おもむろにキャディーバッグからドライバーを引き抜いて、1オンを狙ったからだ。

 打球は右の林を越えてグリーン左エッジをとらえた。ピンまで24メートルの距離をパターで手前50センチに寄せて、楽々バーディー。大歓声が上がった。実は、プロアマ戦の際、研修生にこのホールの攻め方を聞き、グリーン上からワンオンを狙えるか確認していたのだ。

「その時点で首位と5打差あったので、バーディーを決めなければならないと思った。良いショットを打てれば、バーディーあるいはイーグルチャンスにつけることができる。まだ36ホールあるので大丈夫。あと少しで本調子になると思うので差を縮めていきたい」(スコット)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る