マナー無視も 超ビギナー“わがもの顔”でゴルフ場が荒れる

公開日: 更新日:

 いつの頃からか、ゴルフ場に超ビギナーが来るようになった。

 会員権制度の崩壊、名門ゴルフ場の相次ぐ倒産。外資系企業がゴルフ場経営に乗り出してプレー費の低料金化が進み、気軽に行けるようになったのだ。

 それに団塊の世代がゴルフをやめる2015年、2025年問題もあってゴルフ人口が減少。どのゴルフ場もあの手、この手を使って若手の取り込みに必死という事情もある。それでどうなったかといえば、ジーパン、Tシャツ姿にサンダル履きでやって来るマナー知らずまで現れた。また、未経験者に無料でクラブを1本プレゼントするゴルフショップや、20歳に限りプレー代と練習場の料金を無料にするキャンペーンもあって、超ビギナーがコース内をわがもの顔で跋扈するようになった。

 かつてはダブルボギーペース、スコア108前後で回る腕前になってからようやくコースデビューという、暗黙のルールがあった。ところが今では何でもアリ。まともにスコアを数えることもできずにボールは右に行ったり、左に行ったりでちっとも前に進まず、隣ホールに球を打ち込んでも素知らぬ顔で挨拶もできない。「フォアー」という掛け声さえ知らないから迷惑な話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る