マナー無視も 超ビギナー“わがもの顔”でゴルフ場が荒れる

公開日:  更新日:

 いつの頃からか、ゴルフ場に超ビギナーが来るようになった。

 会員権制度の崩壊、名門ゴルフ場の相次ぐ倒産。外資系企業がゴルフ場経営に乗り出してプレー費の低料金化が進み、気軽に行けるようになったのだ。

 それに団塊の世代がゴルフをやめる2015年、2025年問題もあってゴルフ人口が減少。どのゴルフ場もあの手、この手を使って若手の取り込みに必死という事情もある。それでどうなったかといえば、ジーパン、Tシャツ姿にサンダル履きでやって来るマナー知らずまで現れた。また、未経験者に無料でクラブを1本プレゼントするゴルフショップや、20歳に限りプレー代と練習場の料金を無料にするキャンペーンもあって、超ビギナーがコース内をわがもの顔で跋扈するようになった。

 かつてはダブルボギーペース、スコア108前後で回る腕前になってからようやくコースデビューという、暗黙のルールがあった。ところが今では何でもアリ。まともにスコアを数えることもできずにボールは右に行ったり、左に行ったりでちっとも前に進まず、隣ホールに球を打ち込んでも素知らぬ顔で挨拶もできない。「フォアー」という掛け声さえ知らないから迷惑な話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る